[川崎市営墓地-緑ヶ丘霊園・早野聖地公園でのお墓に関することは、㈱ハヤノ(早野石材店)までお気軽にお問い合わせください。]印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

お墓づくりの疑問、不安は、当店にご相談・お問い合わせください。

お墓に関する疑問、不安にお答え致します。
お気軽にご相談・お問い合わせください。
【親切丁寧に対応致します。】

お問い合わせ
お問い合わせフォームへ
LinkIcon個人情報保護
Tel 044-987-3116
   0120-822-148
株式会社 ハヤノ(早野石材店)
〒215-0016 神奈川県川崎市麻生区早野380-1

豆知識

◆供養について

私達は、今日本が経済大国といわれ恵まれた生活環境の中で毎日を送って居ると思いますが、その恩恵はご先祖様のお陰であるといっても過言ではないと思います。
ですから、ご先祖様をうやまい感謝し、その気持ちを真心を持ってかたちに現わし実行する事が供養だと思います。供養のかたちもいろいろありますが、日常では亡くなった祖霊の位牌を仏壇に安置し、朝夕の礼拝、命日の法要、お盆、お彼岸、祥月命日には寺院へお参りしお坊さんにお経をあげてもらい、お墓に供物やお花をあげ、お塔婆をたてて霊の冥福を祈ります。造塔供養はお墓を建立する事です。お墓は祖霊永眠の聖場であり、私達との魂のふれあいの場所でもあり、又一族永久のきずなの場所でもあります。お墓を建てお参りすることによって、心やすらぎを満たされ明日への生活の糧ともなります。
この他、供養のかたちとして、お経を書き写す「写経供養」仏像を造る「造仏供養」お寺を建立する「造寺供養」等があります。

◆戒名

戒名は法号、法名とも言いますが宗派によってちがいます。
戒名は亡くなった時お坊さんにつけていただく仏名ですが、もともとは生前厳しい戒律(いましめ)
修行の後に成道した仏弟子に授けられていたものですが、現在は死後授けるようになっています。
葬儀の時、お坊さんが戒名を与える儀式を行いますが、この儀式を授戒といいます。
戒名では男を居士、信士、女には大姉、信女、子供には童子、童女、赤ん坊には孩児、孩女などの
位号をつけます。

◇真宗では戒名とは言わず法名と言い男は釈、女には釈尼とつけます。
◇日蓮宗では祖師日蓮の仏弟子としての日を、妙は妙法蓮華経の妙で男は日、女には
  妙とつけます。

戒名は一度つけてもらいますと、用意に改名できませんので、戒名をつけてもらう時によくお坊さんと相談してつけてもらう方がよいでしょう。

◆忌日と法要(追善供養)

忌中

人は亡くなってから四十九日の間に、次の生をうけて生まれ変わるのですが、この間に忌中、
中陰、中有と言います。忌中の間は己のいましめ七日ごとに追善供養をして霊の成仏を祈ります。
四十九日の忌明けまでは七日ごとにお坊さんにお経をあげてもらい、お線香やローソクの灯絶やさぬようにします。

四十九日と三十五日

四十九日は亡くなった人の霊が家を離れるといわれ、施主が忌明けの法事と、埋葬と(納骨式)を兼ねて行いますが、三十五日(五七日 いつなのか)に忌明けの法事と納骨式を行う所が多いようです。法事はお坊さんにお布施をし、読経や法話をしてもらい、納骨を済ませて参詣者やお世話になった方へのふるまいをして、その労をねぎらい志としてお返しをします。又、この日で祭壇を片づけます。

法事(追善供養)

忌中(中陰供養)

忌明けの法事、納骨、
お返し、祭壇の片付け

法事を行う

法事を行うが、三十三年をもって忌どめ供養じまいともいわれる

初七日(しょなのか)
二七日(ふたなのか)
三七日(みなのか)
四七日(よなのか)
五七日(いつなのか)
三七日
六七日(むなのか)

七七日(四十九日)

百ヶ日
一周忌
三回忌

七回忌、十三年、十七年、二十三年、二十七年、三十三年、三十七年、五十年、 百年

お盆(盂蘭盆会)

お盆は七月十五日と八月十五日(旧盆地方)を中心に行われます。
お盆は中国から伝来した行事で、供養と布施行を行うことを根本にしています。
お盆の忌は、釈迦の弟子日蓮が、自分の母の死後世界をのぞくと、母は生前他人に施しをしなかった為に死後餓鬼道に落ちて苦しみあえいでいた。日蓮はそこで母を救おうと釈迦に教えをこうと釈迦は日蓮に母に代わって布施を行うように教えられ、七月十五日は旧は八月十五日に大布施行をして母を餓鬼道から救い浄土へ送ったのがお盆の始まりだと言われています。
十三日に迎え火を焚いて精霊を迎え、仏前に供物を備えて霊をもてなしお坊さんにお経をあげてもらい、お墓参りをして祖先の冥福を祈ります。又、十六日には送り火を焚き精霊流しを行います。
亡くなって七七日(四十九日)が過ぎて初めて回ってきたお盆を初盆とか新盆といいます。

お彼岸

春分の日と秋分の日を中日として、前後三日間の一週間をお彼岸といい仏教の考え方に由来するものです。彼岸は文字通り川を隔てた向こう岸(彼の岸)で仏の住む浄土の世界です。その彼岸に対して反対にこちらの岸を此岸といい、私達衆生の住む裟婆世界です。
私達は、少しでも彼岸浄土の世界へ修行して近づこうと願う日をお彼岸といいます。
彼岸に行われる法要を彼岸会といいお墓参りをして成仏と冥福を祈ります。

施餓鬼

この世界で悪い事をしているとあの世で三悪道ー地獄、餓鬼、畜生ーにおちるとされその三悪道に落ちて迷う霊に施しをして救うのが施餓鬼です。

祥月命日

亡くなった人の一年に一度必ずめぐってくる同じ月日の命日を祥月命日といいます。
この日はお墓参りをして故人の冥福を祈ります。

宗祖忌

宗祖の忌日に行われる法会で、浄土真宗では宗祖親鸞の忌日に報恩講が行われ、日蓮宗の御会式も宗祖忌です。その他開山した僧の開山忌とか御遠忌等いづれも宗祖忌として盛大に行われます。

◆墓石の建立

お墓を建てるにあたって

お墓を建立しますと建立後の新たな戒名の彫刻や納骨、又修理等は建てた石材店が代わり責任を持ってお世話もするのが昔からのならわしです。ゆえに墓地のある市内の石材店、あるいは住まいに近い石材店がよいと思われまが、墓地をもっていない方の場合先ず墓地を求めなければなりません。墓地は大きく分けると「寺墓地」「霊園墓地」とがありますが、どちらを選ぶにして石材店やお寺さんに相談するとよいでしょう。

墓地を求める条件として次のような事を考慮して求めます

●現在住んで居る家からあまり遠くないところ
●交通の便
●墓地の設備や管理がゆき届いているか
●墓地の日当たり
●水はけがよいか
●全体的に墓地としてふさわしいか

墓石の型 LinkIconお墓について

墓石の型は一般的に和型と洋型が建立されているのが殆どですが、五輪塔やほうきょう印塔なども建立されます。和型墓石の型の中にも多くの型があり又、地方によっても型が違います。
墓石の石の色も白みかげ、黒みかげ、赤色、うすグリーン等色々ございますので、商品をご覧頂き、さら詳しく説明をしてもらったほうがいいと思います。又、墓石の他に外柵、納骨室(カロート)、墓誌、塔婆立、灯篭、つくばい、物置台、植木等の附属品もございます。

墓石の購入

墓石の購入が決まったら、準備する物は次のようなものです。
●墓碑名
●戒名
●俗名
●死亡年月日
●行革
●建立施主名
●家紋
●建年月日
●印鑑
●墓地略図 など

永代使用料と管理費

お墓を買ったとよく言いますが、墓地は売り物ではなく、寺院墓地も霊園墓地も、子孫代々に亘りその場所を永代使用する墓地の使用料です。代々その場所(墓地)を使用するので使用料といいます。またお墓を管理し維持してゆく為に年間管理費を払います。お寺さんでは俗につけとどけともいいます。長い間管理費を滞納し長期間連絡がない場合は無縁墓地として法令的にも整理されますので、先祖供養の為にもお墓をきれいに掃除してお墓参りを欠かさないようにつとめましょう。
管理費やつけとどけは、寺院や霊園の最小限の維持費です。

◆開眼供養

お墓を建てたらなるべく早く良い日を選んで開眼供養(入魂式)を行います。
お坊さんにお経をあげてもらい、仏の霊を迎え入れ生身の仏塔として供養できるお墓にいたします。

寿陵

生前にお墓を建てる事を寿陵といい、縁起が良く長生きをして家運繁栄を招くとされてます。仏教に輪廻転生という考え方があり、生と死が巡り巡って転生するという考え方から、一度死んだとして生前にお墓を建て、再び生まれ変わってその生が長生きをし心安らぐ生活が出来るというものです。
こういう習慣は遠くインドから中国を経て伝来した物で、奈良時代仁徳天皇陵や聖徳太子も寿陵を建てたといわれています。現代でも良い習慣として続いて居り、家運繁栄を願って生前にお墓を建立する人が多くなっています。

◆水子供養

水子とは不幸にしてこの世に生を授けず親の愛も薄くして流産した死児とか堕体児のことで、葬儀もされずそのままになっているのを、水子地蔵を建てて水子の供養をしたり、お寺の水子地蔵尊で供養をしてもらいます。地蔵菩薩は幼い水子の霊を浄土へ往生するためにすくい導いてくださいます。

◆お墓のきまり

お墓は個人のものであっても公共性があり、私達の生活にかかわっていますからお墓のきまりがあります。ここでは埋葬、改葬について簡単にご説明致します。
埋葬は死体を土中に葬る事、火葬は焼骨にしますが、いづれも死後二十四時間を経過してから行わなければなりません。埋葬や焼骨の埋蔵は墓地以外の区域に行ってはなりません。
埋葬、火葬、改葬を行おうとする者は市町村長の許可を受けなければなりません。
許可証の交付は、先ず初めに市町村長に申請書を提出してこれを受ける事になっています。
(これらの用紙は市町村役場に備え付けられています。)

改葬、お墓の移転

届出は市町村長へ移転先の墓地受入証明書をとり、改葬許可申請書とあわせて提出して許可を受けます。お墓を移転する時は、今までお世話になった菩提寺に挨拶し墓地に手を入れる時にはお坊さんにお経をあげてもらいます。墓石の処理や移動については、お坊さんや石材店、管理者によく相談する事が肝要です。菩提寺に永い間霊の供養をしていただいたお礼にお布施として感謝の気持ちを表します。

ベネフィット・ワン協賛店

川崎市営墓地 墓石工事

オリジナルデザイン墓石

常安寺 ペット墓石併設墓所

早野聖地公園 壁面型墓所 施工事例

緑ヶ丘霊園 一般墓所 施工事例

低金利建墓ローンがご利用できます。
弊社独自の分割お支払いもあります。

ブログ(別ウィンドウが開きます。)